おはようございます

一昨日からブルゴーニュも急に寒くなり、
いよいよ冬に足を踏み入れた感じです

ブドウ畑も、徐々に葉っぱを落とし樹がくっきりと見えるようになりました。

この時期は、多くの生産者が世界へ向けての出荷の準備で
ボトルにラベルを張ったり、箱詰めしたりと

細かい作業に追われています

来年の春には、ちょっと今までにはない・・・今回だけの
限定アイテムも入荷する予定です

お楽しみに^^

さて、今月の試飲会は119日、10日(第2土曜、日曜)です!!
秋から冬に飲みたいワインをテーマに考えました。
6種類が愉しめます

???ブラインドは、まさに今の時期でしょう!!
そして、急成長している生産者です!!

DSC00489












白ワイン

シャトー・バ 2011 ピエール・ド・シュッド ブラン
シャトー・バ 2011 ル・トンプル ブラン
??? ブラインド

赤ワイン
シャトー・バ 2009 ピエール・ド・シュッド ルージュ
シャトー・バ 2005 ル・トンプル ルージュ
??? ブラインド

新しくマキコレに仲間入りしたシャトー・バをとうとうお披露目です!!
そして、先週この「シャトー・バ」に訪問してきました

シャトー・バはローマ時代から存在しているシャトーで
その名の通り、シャトー(城)バ(の下)にあったそうです。
ボルドーの有名シャトーのようにとても規模が大きいだけでなく、
周りには紀元前に建てられた遺跡や当時のローマ人がワインを造っていた
器などが見つかり展示されるほど、とても貴重なシャトーでした。

そして、畑も本当に昔から農薬を使用せず 自然にブドウを栽培しているので、
樹だけではなく、土も元気で、良いブドウが実るみたいです

今まで、何で日本に入荷がなかったのか不思議で不思議で・・・
と言うぐらいワインのポテンシャルも高く

良いワインを造っている生産者です。

ここに書ききれない情報も沢山ありますので。。。
それは試飲会当日のお楽しみで

皆様のご来店、心よりお待ちしております